“生活者”との
より好ましい関係を築くために…

何気なく使っている言葉に“消費者”という言い方があります。この、消費する者という言葉の意味からは、新時代のマーケットは見えてこないと私たちは考えます。ましてや、コミュニケーション目標(訴求対象など)を絞り込むことはできません。激しく変化する一人ひとりの価値観やつかみどころのない意識を把握し伝えたい相手を見極めるために、私たちは、訴求対象を単にモノを消費する人ではなく、消費を創りだし豊かな生活を求める“生活者”という視点からあらゆるコミュニケーション戦略をプランニングしています。人のこころにしっかりと届き、人を動かすコミュニケーション。それが、私たちのプランニングの基本です。このこだわりをもって、お客様の訴求対象を浮き彫りにし、ハートを射止め、お客様と“生活者”との好ましい関係をつくりあげます。

 

 

 

 

Back